ブログ

ピアノ弾き語りシンガーソングライター 代田幸子(だいたさちこ)

ライブ@キャンプファイヤー終了しました!

キャンプファイヤー(大阪府茨木市)にて
みっちゃんこと岩本三千代ちゃんとのツーマンライブが無事終了しました。

ライブの写真はまた今度アップします。

聴きにきてくださったお客さん、企画してくださったイシダさん、
キャンプファイヤーのマスター、
ありがとうございました。

CDを買ってくださった方もいて、
ほんとにありがとうございます。
おうちや車でじっくり聴いてもらえたらうれしいです。

今日、キャンプファイヤーに着くと、店の外から、
カウンター越しに談笑するみっちゃんとマスターの姿が見えて
一瞬、はっとなりました。

みっちゃんがベレー帽をかぶって、赤いワンピを着ていたからです。

私がそのとき着ていた服も真っ赤っか。
防寒の為かばんにしのばせていた帽子もベレー帽。

なんちゅう奇遇。


今年ベレー帽が流行ってるとはいえ、
お互い、これまでベレー帽かぶってるイメージはなかったし
流行にのっかるたちでもないのに、
いきなりこんな偶然で、
なんか2人とも笑ってしまいました。

まあでも、みっちゃんとはなぜか、そのような偶然の一致がよくあるので
私は内心、やっぱりな・・・と思ってました。

そんな、みっちゃんと私は、ティーンズミュージックフェスティバルの予選で出会って以来、
10年以上の付き合いになります。
会場だった、心斎橋にある三木楽器のサロンの待合室で、
体と同じぐらい大きなギターケースを持った
目がきょとん、とした、人の良さそうな女の子が座っていて、
私は「あの楽器はなんやろう、コントラバスかなぁ」と、とんちんかんなことを考えながら
見てました。他にあんまり女の子がいなかったので、話しかけたいなぁと思いながら。
そんな彼女は本番で、なんとナガブチをカバーして歌いました。
ギターうまっ!声、好きすぎるっ!

それがみっちゃんでした。

そのときは多分、話はせず、その後の本選(会場は京橋のIMPホール)で
お互いを見つけて「あ〜!受かったんや〜!!」となったんだと記憶しています。

その日から、
がーっと毎日のように会ったかと思えば、ものすごくごぶさたしたり、
久しぶりーと言いながら昨日の続きのようにまた話したり・・・
を繰り返して今に至ります。

お腹をかかえて笑うこともあれば、泣きながらケンカしたこともあったなぁ。
いや、だいたい私がみっちゃんを泣かせていたかも・・・
ごめん、みっちゃん(笑)。
みっちゃんが横にいてくれるだけで気が大きくなって、
なんでもできるような気になります。
みっちゃんってすげーな。

私の中では、いまでも、三木楽器サロンでギター持って座ってた、
あどけないみっちゃんのまんまですが、
よく見るとしっかり大人になった彼女は、音楽も暮らしも人間関係も、
時とともに充実して、たくましさを増している眩しいみっちゃんです。

これからも、遠くから近くから、
幸せを願っています。

今日はありがとう。