ブログ

ピアノ弾き語りシンガーソングライター 代田幸子(だいたさちこ)

making episode2

こんにちは!

先日、連休明けで久しぶりに電車に乗ったら
派手に乗り換えミスをやらかしまして
気付いたら生駒の山にいました…

そんな私、代田幸子
若干へこんでます(._.)




が、しかし、
ドーナツ食べて、パワーチャージ!



元気でたー!


………


「ごはん」making episode2
本日、第二回目のテーマは…


『アルバムタイトルについて』


前作の1st アルバム「へこむな」は
収録した曲のタイトルから名付けました。
今作は、
タイトル=アルバムコンセプト。

ごはんにまつわる、記憶
ごはんがとりもつ、絆


今まで食べた全ての食べ物と
それを一緒に食べてくれた人たちへの
ありがとうが詰まった一枚です。



出産してから
食べ物のことを
以前より強く意識するようになりました。



子どもに作る日々のごはん。
おいしー!と
最高の笑顔でもぐもぐ食べてくれる姿を
見て
もっと喜ばせたい!と
がんばりたくなる気持ちを
初めて知りました。




「お魚さんどこから来たのん?」
「このほうれん草どこから来たのん?」
「誰が作ったん?」
と、子どもに尋ねられて、
どこから来たんやろう〜?
誰が作ってくれたんやろう〜?
と調べてみたり。

農家の人が一生懸命作ってくれてんで〜、
とか、

これは、どこどこの海を泳いでて
〜くん(子ども)が、元気に大きくなる為に
食べていいよーって
ここに来てくれてんでー!


などなど、

子どもに話しているうちに、


子どもは、目を輝かせて聞いてるし


私は私で


たくさんの人や生き物の力を借りて
暮らしてるんだなあ、
守られてるなあ、


うわあ、
ありがとうやなあ!!


という気持ちが湧き上がってくるしで


親子そろって感無量。


…みたいな、なんともドラマチックな
ごはんの時間になってしまったり(笑)
してました。


(注・親子共々、入り込むタイプ)



そんな毎日を繰り返すうちに
自然と
歌詞の中に、ごはん関連の言葉が
たくさん登場するように
なりました。


今は会えない誰かと一緒に食べた料理の記憶。

お酒の席で、隣の隣のテーブルに気になる人を見つけて、はしゃいでしまい、後で落ち込む悲しいエピソード。

好きの代わりに美味しいを連発する、片思いの少女の妄想。

いつも食べている食べ物に
自分の心模様を重ね合わせて繰り広げる妄想。

カフェデートの甘い妄想。


そんな歌が出来ました。

(あれ、気のせいかな、後半、ほぼ、妄想…?)

よし、
これを
一つのアルバムにまとめよう!
と思い立ち
タイトルを「ごはん」にしました。


結果、
自分の力の限りを込めた
愛する一枚に仕上がりました。

赤ん坊だった我が子も
あっという間に大きくなり
今や、少年。


ごはんが
日々の命を育んでいることを
目の当たりにしている
今の自分らしい
アルバムが出来たなあ、
と思います。


たくさんの方々が
力を貸して下さったからこそ
完成させることができました。

感謝の気持ちを込めて
次回、episode3からは
一曲ずつ
曲に込めた思い、
参加頂いたミュージシャンのご紹介、
レコーディングエピソードなどを
綴りたいと思います。




ここまで読んでくださり
ありがとうございました!


次回も
どうぞ
お付き合いくださいませ。




つづく




代田幸子


最新アルバム「ごはん」2,500yen(tax in) 17曲入り


ライブ会場/通販で販売中!メールはこちらへ


ご紹介動画はこちら→